ゲイが集えば、ホムパも一触即発!
この宴の結末、いったいどうなるの?!

<作品解説>
都内で開かれたゲイオンリーのホームパーティー。集まったのは、大学生の智也、ゲイバー店子の将一、ゲイクラブ店員の直樹とその友達の正志、カメラマンの健一、そしてパーティー主催者カップルの彰人と靖。飲んで、食べて、騒いで、笑って、泣いて、また飲んで、楽しいパーティーは永遠に続く…はずだった。それぞれが日頃心に溜め込んでいたウップンが爆発し、パーティーは最悪の結末を迎える展開だったが…

<川野邉修一監督メッセージ>
ボクはゲイです。そのことを隠すつもりはないのですが、公表しなければいけない理由もありません。ただ、その宙ぶらりんの状態が、映画を制作していく過程において、時々やっかいだなと思ったりもします。それは、演出するときに、シナリオを書くときに、映画祭で観客の方からの質問があった時に、どう動いていいのかわからなくなる時があるのです。果たして自分の考えや気持ちをきちんと相手に伝えられているだろうか。自分が隠してきたこと、曖昧にしていることと向き合って映画制作を行う必要があるのではないかと考えるようになり、この題材を選びました。ゲイの人々の日常を、そして、自分がみてきた景色を映画で映し出したいと思いました。ホームパーティ上で飛び交う彼らの目線の中に、どういった思惑・感情があるか、観客も一体となり、みんなで探っていけたら嬉しいです。

英題:Our House Party
監督:川野邉修一
2022|日本|80分|日本語
公式サイト
[ドラマ] / [G]


アフラック LGBTファイナンス ソフトバンク株式会社 パートナー共済 ~わたしの愛をカタチに~ KPMG JAPAN 株式会社TOOT

TOP