上映後イベント情報【最終日7/15】

第28回レインボー・リール東京、いよいよ最終日となる7/15(月祝)は、3作品にて上映後にイベントを開催いたします!レインボー・リールの会場だからこそ観れる作品や聞けるお話がギュッとつまっています。
当日券もありますので、ぜひ連休最終日も映画祭へ遊びにいらしてください!
(※すべての回に同時手話通訳があります。)

—————————————————
7/15(月祝)11:40- 『花咲く季節が来るまで』 ★U22特別優待
上映後、よしひろまさみちさんを司会に、監督とのQ&Aセッションを開催いたします。

司会:よしひろまさみち(映画ライター)
ゲスト:キム・ジュンシク(監督)

7/13(土)の1回目の開催時は、観客の方からのご質問に丁寧にお答えいただき、楽しいセッションとなりました。2回目の開催もご期待ください!
 

 

—————————————————
7/15(月祝)14:25- 『アスリート ~俺が彼に溺れた日々~』 ★U22特別優待
上映後、よしひろまさみちさんを司会に、キャスト登壇舞台挨拶を行います。

司会:よしひろまさみち(映画ライター)
ゲスト:ジョーナカムラ(俳優)、こんどうようぢ(俳優)、田崎礼奈(notall /女優)、いちる(Vipera / 女優)、大江崇允(監督)

豪華キャスト4名の方と監督にご登壇いただきます!
ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく!
    

 

—————————————————-
7/15(月祝)19:05- 『クィア・ジャパン』
上映後、奥浜レイラさんを司会に、監督・キャストを迎えたQ&Aセッションを開催します。

司会:奥浜レイラ
ゲスト:ヴィヴィアン佐藤(ドラァグクイーン)、田亀源五郎(マンガ家/Gay Erotic Artist)、グレアム・コルビーンズ(監督)、飯田ひろみ(プロデューサー)

今年のレインボーリールにて世界初上映、かつ、ラストを締めくくる作品です!Q&Aセッションもぜひお楽しみください!
※本編上映中も同時手話通訳をおこないます。
—————————————————-

スタッフ一同、みなさまのご来場お待ちしております!

クィア・ジャパンの上映につきまして

7/15(月祝)19:05開演の『クィア・ジャパン』の上映ですが、こちらは本編に日本語字幕はございません。英語字幕での上映となります。
事前の案内が分かりにくく申し訳ございませんでした。

その対応といたしまして、上映中に同時手話通訳をおこないます。手話通訳の登壇位置につきましては当日会場にてご案内させて頂きます。また、上映後のQ&Aセッションも手話通訳はございます。

チケットをご購入のお客様で払い戻しを希望される場合は、映画祭の期間中に会場受付までチケットをお持ちください。返金対応させて頂きます。

※会場受付 対応時間
7/14(日)    11:00 – 21:00
7/15(月祝) 11:00 – 19:35

本件に関するお問い合わせ・ご質問は、会場受付スタッフ、または、下記までお願いいたします。
https://rainbowreeltokyo.com/2019/ja/contact

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

いよいよスパイラルホールでの上映が始まります!

みなさま、お待たせいたしました!

ついに! 本日7月12日(金)から15日(月祝)まで、メイン会場であるスパイラルホールでの上映が始まります!
12プログラム16作品を上映、うち1作品が世界初、10作品が日本初上映です!

オープニングを飾る第一作目の作品は『マリオ』(20時~)です。
上映前には、女装パフォーマー・ブルボンヌさんを司会に、下山田志帆さん(女子サッカー選手)、松中権さん(「プライドハウス東京」代表)をお招きしてトークイベントを開催いたします!

『マリオ』はご好評につき前売券は完売となりましたが、本日7月12日(金)19時より、スパイラル(3F)の会場受付にて当日券の販売を行います。観賞ご希望の方はぜひお見逃しなく!ご来場お待ちしております!

★7月12日(金)会場受付時間
19:00 ~ 20:30 (※ホワイエ開場は19:30)

★作品情報
『マリオ』(2018 | スイス) ※7/12(金) 20時~
スイスのジュニアチームで一部リーグへの昇格を目指すサッカー選手のマリオ。ある日、ドイツからストライカーのレオンが移籍してくる。ツートップとして息の合ったコンビネーションを見せる二人は、フィールドの外でも心を通わせ、いつしか恋に落ちていく。しかし噂がチームにも広がり始め、マリオは決断を迫られることになる。プロサッカー界のホモフォビアを鋭く描いた本作は、スイス映画賞2018 で主演男優賞・助演賞を受賞。
  

★オープニングイベント情報(上映前)
MC:ブルボンヌさん(女装パフォーマー/ライター)
ゲスト:下山田志帆さん(女子サッカー選手/元ドイツ2部リーグ所属)、松中権さん(「プライドハウス東京」代表)
  

ウィメンズ上映作品の感想を一部ご紹介

7/5(金)、6(土)の東京ウィメンズプラザホール上映作品について、会場(Web)アンケート結果を一部ご紹介します。

アンケートへご回答いただいたなかでは、
ご来場が初めて~ 2,3回目の方の割合が最も多く、次いで、7回以上の常連の方もかなりいらっしゃいました。また、年代も10代~60代までと幅広く多くの方に感想をお寄せいただきまして、ご協力誠にありがとうございました!

アンケートはwebより後からでもご回答いただけます。ぜひご協力お願いいたします。アンケートはこちらから

以下、各上映作品に関する感想コメントを一部ご紹介いたします。

——————————————————–
7/5(金)
エミリーの愛の詩(19:10-)
・期待以上だった!
・もっとコメディよりかと思ったが、社会派のラブロマンスだと思った。
・日本初上映で通常の映画館では見れない映画を見れた。いつも毎年楽しみにしています。

7/6(土)
トランスミリタリー(10:30-)

・アメリカ軍におけるトランスジェンダーの実像を見れて良かったです。
・米国兵役軍隊、トランスジェンダーの権利など学びが多かった。人権のため にこれだけの人の力が多く費やされていることが感慨深かった。
・日本より進んでいるアメリカの別の部分を見て知ることができた。
・日本では取り上げられない軍隊とトランスジェンダーの関係について理解が進んだ。

ビリーとエマ(12:30-)
・ビリーがかわいい!
・自分らしくあることの大切さを改めて認識させられました。
・レズビアン映画というだけでなく、リプロダクティブライツについてすごく良く描写されていた。
・あまり期待していなかったが、単純(オーソドックス)な「同性愛」の話ではなかったところと、やさしさが当事者としてうれしかった。

1985(14:45-)
・役者の演技がとても良かったです。
・コーリー・マイケル・スミスがすばらしい。
・1985年当事の問題をよく表現されていると思う。
・1985年をリアルに知っている人は、懐かしさとともにあの時代の空気を味わえると思います。
・ある有名な方が、「当事、私のまわりのゲイの友達がみんな死んだ。」と言っているのを聞いたことがあります。逝った人、残された人、どんなに怖く無念だったことでしょう。生きているうちは、きちんと生きよう、と自分をふりかえりました。

QUEER×APAC2019 ~アジア・太平洋短編集~(16:35-)
・それぞれの国の文化背景が特徴的だった。
・よい意味で「分からない」という意識を持てた。人間の脳は「白黒」を付けたがるので。
・今年のテーマという「ビタースイート」。すべて鑑賞してそのテーマがよく分かった。どれもいい感じのバランス感。
・「帰り道」の飾り気のない瑞々しい感じが気に入った。

ソヴァージュ(18:30-)
・主演のフェリック・マリトーがすばらしかった。
・きちんとストーリーが描かれていた。
・期待以上だった。重い話だっただけにずっしりきた。
・最後、レオの心のうちを色々と想像し、鑑賞後も余韻がしばらく残る作品だった。
——————————————————

その他として、会場の空調についてのご指摘もいただいております。鑑賞の妨げとならぬよう今後十分に考慮させていただきます。

後半のメイン会場となるスパイラルホールでは、会場外、表参道に大きなレインボーフラッグが掲げられ、会場内装飾もスタッフが鋭意準備中です!ぜひご来場いただき、映画・キオスク・ブース・バーカウンター・会場装飾と、映画祭を存分に楽しんでいただけますと嬉しいです。

スパイラルホールにて、みなさんのご来場お待ちしております!!

スパイラルホールでの当日受付時間のご案内

7/12(金) ~ 15(月・祝)のスパイラルホールでの開催において、当日受付時間は下記の通りです。
※各日、最終プログラム上映30分後に受付を終了します。

—————————————————–
スパイラルホール上映回  当日受付時間

7/12日(金)
19:00 ~ 20:30 (※ホワイエ開場は19:30)

7/13日(土)
11:00 ~ 21:45 (※ホワイエ開場は11:05)

7/14日(日)
11:00 ~ 21:00 (※ホワイエ開場は11:05)

7/15日(月・祝)
11:00 ~ 19:35 (※ホワイエ開場は11:15)
—————————————————–

7/12日(金)の19時より、スパイラルホール会場受付にて、フェスティバルパスとスパイラル4回券のお引き換え、および、すべての上映回のチケット販売(当日券価格)を開始いたします。
19時前に並ばれますと、スパイラル館内の施設やお店にご迷惑になりますので、おやめくださいます様、お願い申し上げます。

また、前売り券が完売している作品についても当日券を販売します!
当日券の販売状況は、随時 Twitter にてご案内いたしますので、ぜひ最後まで諦めずにご検討ください!

スパイラル上映回の前売り券販売は間もなく終了です。ぜひお早めに!

東京ウィメンズプラザホールでの上映は無事終了いたしました。
ご来場いただきましたみなさま、誠にありがとうございました!

次は、7/12(金) ~ 15(月・祝)にてスパイラルホールでの開催となり、こちらの前売り券販売は間もなく終了いたします。

<スパイラルホール上映回 前売券販売>
チケットぴあ 7/9(火) 23:59 まで、
・MINA-TO(スパイラル1F)、ルミエール(新宿)は7/10(水) 営業終了時間までの販売です。

すでに売り切れや、枚数が少なくなってきている回もございます。
少しでも気になっている作品がありましたら、ぜひお早めにお買い求めください!

※詳しくは チケットページ へGO!

ソヴァージュの英語字幕について

予想外の事情により、「ソヴァージュ」は英語字幕の表示が無く、日本語字幕のみでの上映となります(原語:フランス語)。
当初のアナウンスと異なりまして、大変申し訳ございません。

【ソヴァージュ(Sauvage)】 ※英語字幕無し・日本語字幕のみ
①7/6  (土)18:30  @東京ウィメンズプラザホール
②7/14(日)15:50  @スパイラルホール

チケットの払い戻しを希望される場合は、映画祭の期間中(~7/15月)、受付へチケットをご提示ください。対応させて頂きます。

本件に関するお問い合わせ、ご質問は下記までお願いいたします。
https://rainbowreeltokyo.com/2019/ja/contact

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

いよいよ明日開幕です!

第28回レインボー・リール東京 ~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~
いよいよ明日、7/5(金)より東京ウィメンズプラザホールでの上映が始まります!

当日券の販売とフェスティバルパスの引き換えは、それぞれ以下の時間帯で行います。
———————————————————
東京ウィメンズプラザホール 受付・販売時間

7/5(金)
18:30 受付開始
19:40 販売終了

7/6(土)
10:00 受付開始
19:00 販売終了

※当日上映作品のみの販売です。
※スパイラルホール上映回分の前売券販売、および、スパイラル4回券の引き換えはいたしません。
———————————————————-

会場内は常時冷房が稼働しているため、鑑賞中、寒く感じる場合がございます。寒さが苦手な方は、恐れ入りますが、薄めの羽織ものなどをご持参いただくようお願い致します。

* * * * *

第28回となる今回は、全12 プログラム16 作品を上映し、うち1 作品が世界初、10 作品が日本初上映です!
ぜひ貴重なこの機会をお見逃しなく。
スタッフ一同、みなさまのご来場お待ちしております!

パンフレット配布中!

映画祭のパンフレットを以下の各所で配布中です。
見かけられましたら是非お手にとってご覧ください!

※部数には限りがありますので、予めご了承ください。
※設置箇所は随時追加いたします。

【映画館・カフェ・コミュニティなど】

[表参道]
スパイラルホール

[渋谷]
ヒューマントラストシネマ渋谷 / 渋谷HUMAXシネマ / Bunkamura ル・シネマ / ユーロスペース / シネマヴェーラ渋谷 / 映画美学校 / アップリンク渋谷 / シアター・イメージフォーラム

[新宿]
シネマート新宿 / 新宿武蔵野館 / K’s cinema / テアトル新宿 /
シネマカリテ / アンスティチュ・フランセ東京 / 早稲田松竹

[池袋]
新文芸座 / シネ・リーブル池袋 / 東京都エイズ啓発拠点ふぉー・てぃー

[吉祥寺]
アップリンク吉祥寺

【新宿二丁目周辺のお店】

ルミエール / akta / CoCoLo Café / GOLD FINGER / 星男 /
Rainbow Burrito / ALAMAS CAFÉ / anchor / Café Lavanderia /
ARTY FARTY / DRAGON / EAGLE TOKYO BLUE / オカマルト /
Ellevie / 九州男 / KINSMEN / どろぶね / Bar GLAMOROUS /
WORD UP BAR / BOILERROOM / 女の子クラブ / GEN’S モック /
足湯cafe&bar どん浴 / Base / agit / 艶桜 / Five / 10count /
THE ANNEX / bar Bridge

(順不動)